2021年8月寄稿記事

 
ステーキングの普及率が上がれば上がる程、カルダノネットワークのセキュリティーは強固となり、今後のhydraと呼ばれるアップグレードでは、ノード(ステークプール)の数が多いほど転送容量が拡大します。カルダノがAMAZONやGoogleのようなグローバルプラットフォームへと進化を遂げる為には不可欠な要素です。しかしながら、ステーキングに関する認知がまだまだ広まっていないのが現状であるが、その解決策として、JAPAN Guild Pool(日本ステークプールオペレーターコミュニティー)の広報活動を代表のBTBF氏を筆頭にコミュニティー内で検討。その結果、インターネットでのカルダノ・ADAの検索ヒットで露出度の高いクリプトメディアのご協力を得る事で、認知を広める活動を開始しました。その結果、COINOTAKUの伊藤編集長よりご了承をいただき、WEBページへ連載シリーズの寄稿をご了承いただきました。最終的には、JapanSPOGuildのオンラインMeetUpの開催に至り、特別ゲストにCOINOTAKUの伊藤編集長、IOGジャパンキャンペーンマネージャーの宮武さん、CardanoアンバサダーのYutaさんをお招きしての開催となりました。この掲載・企画を通じ、国内のカルダノ・ADAに興味のある方々へ【ステーキングに関する認知】【国内の個人のステークプールオペレーターのに認知】の拡大に繋げていければと考えております。

 

■Japan SPO Guild オンラインミートアップ

https://youtu.be/zAfkkXj_fqc?t=511
(私も1時間22分あたりからプレゼンをさせてもらっています。)

■連載寄稿シリーズ①
ステーキングの文化を広げたい!Cardano Community SPO JAPAN GUILDのご紹介


■連載寄稿シリーズ②
イーロン・マスクはなぜビットコインにこだわるのか?
カルダノのビジョン【金融包摂・アフリカプロジェクト】


■連載寄稿シリーズ③
カルダノ(ADA)チェーンに集う巨大プロジェクト【Occam特集】

カテゴリー: 過去投稿

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA