Cardano(ADA)は第3世代型のブロックチェーンプロジェクトのとなります。第1世代は決済のBitcoin、第2世代はDapps(分散型アプリケーション)のEthereum、そして第3世代は世界中での膨大な使用量にも耐え得る、高い処理能力を備えたブロックチェーンとなります。世界の暗号資産市場において、約1.6万あるプロジェクトの中で、時価総額で第6位となります。(2022年1月4日時点)そしてこれは、他の上位のプロジェクトは標準的に搭載している機能である、スマートコントラクトが本格稼働していない時点でこの順位となります。
2021年$0.2 ⇒ 2022年 $1.3(約6.5倍)
Cryptocurrency Prices, Charts And Market Capitalizations | CoinMarketCap


カルダノ財団、IOHK(IOG)、エマーゴ社から運営されています。プロジェクトを率いるCEOのチャールズ・ホスキンソン氏はビットコイン、次いでイーサリアムの創設メンバーでもありましたが、自らの理念を貫く為そこから離れ、現在はカルダノプロジェクトを指揮しています。カルダノには、マクロ経済、ミクロ経済、政治、金融、文化等のあらゆる要素が考え抜かれ設計されています。俯瞰した設計であるからこそ、あらゆる場面で対応可能なプラットフォームが構築されつつあります。 
イーロン・マスクはなぜビットコインにこだわるのか?など【Cardano Community SPO JAPAN GUILD寄稿】 | COIN OTAKU(コインオタク) (coin-otaku.com)


提携関連

カルダノ(IOHK)は研究・学術分野への投資を積極的に行っており、学術財団としての側面を持っています。査読済み論文の寄稿も100本を越え、学会を通じた確固たる技術の裏付けの下にプロダクトが構築されています。それを支えるのが世界中の超名門大学を含む名立たる教育研究機関との共同研究です。オックスフォード大学(英)、セント・アンドリュース大学(英)、エディンバラ大学(英)、チューリッヒ大学(スイス)、ワイオミング大学(米)、東京工業大学(日本)等。カルダノはこれらの機関との研究を通じ、革新的で洗練されたプロダクトを生み出し続けているのです。その他、国や大手企業との提携事業も多く、世界的に拡大しているプロジェクトとなっております。

【国家】
ジョージア共和国、モンゴル、ブルンジ共和国、ワイオミング州(米)

【企業】
DISH Network(米 通信大手)、Wolfram Alpha / Cahinlink(オラクル)、SingularityNet(汎用型AI)


Cardanoの優位性

①財力、開発体制
上場初期の頃のBitcoin建資金が、現在では換算で80兆円規模(推測)と年間の国家予算スケールとなっており、この潤沢な資金から、強化な開発陣営の構築やマーケティング体制を構築できていると推測される。何より短期的な収益化に縛られることなく、長期間にわたりじっくり開発に取り組めている土壌は相当大きいように感じます。
 
②セキュリティー
①でも言及したように時間的な制約が殆どない中で開発が行える為、世界的な暗号学会での査読を得た後に安全性の裏取りを行った後にプロダクトへ組み込むことを行います。(すでに100本以上の査読論文有)このようにして他がまだ手掛けていない新しい概念を次々に取り入れ、トリレンマ(ブロックチェーンが抱える充足しきれないと言われる3つの要素)の打破を着実に進めるというCardanoならではの、そして最も堅実な開発手法を取る事で非常に堅牢なブロックチェーンを構築しています。
 
③スケーラビリティー
GAFAのWEBアプリのように世界中で様々なシーンで使用されるようになると、それ相応の処理能力が求められます。第1世代のBitCoinでは 7TPS(Transaction Per Second)、 第2世代のEtehreumでは25TPSとなっており、現状GAFAのような世界での使用拡大に耐えられない状況です。10万~100万TPSは求められると言われております。その中で第3世代のCardanoでは100万TPSを2022年に実装予定となっています。(現状250TPS)
 
またブロックチェーンのプロジェクトにおいては、チェーンのスペックも重要であるものの、それをささえる強力なコミュニティーが必要不可欠です。そんな中で、Cardanoの金融包摂に対する理念、実体経済の中で機能するバックエンドインフラとしてのビジョン、妥協しない開発姿勢に賛同する200万人のコミュニティーがCardanoにはいます。
短期的な価格のUP/Downに一喜一憂するのではなく、長期的なプロダクト目線で考えており、未来のアップルやテスラ株に重ね応援しているコミュニティーは他のプロジェクトとは異色であり、非常に心地が良いものでもあります。

Input Output – IOHK  
 
カルダノのエチオピア政府契約

  
 
 

デジタルアイデンティティー AtalaPrism

 
 
 

アフリカスペシャル
通信隔絶地帯へのインフラプロジェクト

 
 

金融スマートコントラクトプレイグラウンド Marlowe


■Cardano Family


・Singurality Net
WorldMobile
OccamFi
・deFIRE
・IAGON
・CardWallet 
  

カテゴリー: 過去投稿

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA